最後の...

 還暦を過ぎてから、「最後の~」が増えてきました。とは言え、なかなか最後にならないのが欲深い証拠。憧れがなかなか鎮まらないのが困りものです。

 ちなみに、
 最後の犬:ハンナが思いがけず早くいなくなったので、安寿。そして、安寿も早く旅立ったので咲。これが最後。
 最後のクルマ:軽トラ(アウンさん)に積む荷物が減って、人を乗せる可能性が出てきたので“よたらう”(トヨタ ラウム)。これが最後。
 最後のデジカメ:今使っているFinPixF31が壊れかけている。しかし、使っていないデジカメが10台近くあるので、新しく買う予定はなし。これ(ら)で最後。
 最後の家:家(居南無 風流家)、庵(野暮っ亭 安寿庵)でおしまいにするつもりが、なぜか縁あって城(木乃花 咲野城)を取得。本当にこれが最後!
 最後のツレ:恭子さん。最初で最後です。

 で、問題は“最後のパソコン”

 現在、主力はWIndows7のデスクトップで、オフラインのXPがゴロゴロ。(4台現役です!)
 しかし、恭子さんに使ってもらっていたXP(20年前のdynabookSS)のハードディスクが怪しくなったので、Windows10マシン(といっても8年落ち!)を購入。そこで勢い余って?もう1台、Windows10マシン(こちらも6年落ち)を購入してしまいました。

2018y02m17d_144133305

 送料込み9,000円でdynabookR731が買えました! 「CPUは i3 で、RAMも4GB実装、しかもWin10にアップグレードしてある...安過ぎ!」と思いましたが、パソコン表面にステッカーがベタベタ張ってあります。

2018y02m17d_144251709

 これが安い(のに売れ残っている)理由と判断して、(1万円から千円引きの9千円で)購入!

 ところが、開梱して電源を入れてみると...起動しません。準備中から先に進まず、「Windows のインストール」というウインドが開いて止まります。そのコメントは、


スポンサーサイト

春の景色

 体力的に無理?と思っていた大黒山へのハイキング(散歩)。天気が良くなると、やはり行きたくなります。

 浜は、春の景色。

P1070091

 ガザニアの花が咲き始めました。 P1070090

P1070092

 大黒山の登山道?には、冬の名残りの椿の花が落ちていました。

P1070097

 展望台からは、いつもの景色。(雲がかかっているところに富士山が...)

P1070103

 亀ヶ崎から見える景色は、“春の海”です。






クリスマスローズ

 今年は、積算温度が足りないせいか、“ハンナの梅”は命日(19日)には咲きませんでした。(初めてです!)
 その代わり、風流家に移植したクリスマスローズが、早くも花を咲かせています。

DSCF4397

 花の数は少ないですが、軒下の劣悪な環境(乾燥が著しい)にもかかわらず頑張ってくれました。

DSCF4398

             ひっそりと咲いている花を見ると、心が和みます。

やっぱりパンはヤマザキに限る

 「サンマは目黒に限る。」ではありませんが、今から40年近く前に往診に行った酪農家のおじいちゃんが、浮いた入れ歯をフガフガ言わせながら食パンを食べながらの一言。「やっぱりパンはヤマザキに限る。」...その頃でも、都会ではすでに洒落たベーカリーが登場していて、“世界のヤマザキ”はダサいイメージだったのですが、パンを食べそうもない田舎の年寄りが言った言葉が印象的でした。

 で今日は、ブレーキとシフトのアウター・ワイヤーの話。

 ラーレーのケーブル類を交換しました。

DSCF4359

 取り回し(動き)が悪くならない範囲で、アウターをできるだけ短くしました。

   DSCF4332 以前に比べれば、すっきりしました。

 しかも、カンパニョーロのロゴ入り!

 DSCF4353

 ところが、

DSCF4363

 リアの大きく曲げたアウターの付け根に DSCF4366 銅線をグルグル巻きに!

 実は、切り口をきれいにするためにディスク・グラインダーを当てたら、摩擦熱で外側のプラスティック(ビニール?)の被覆が溶けて(内部のワイヤーがバラけて)しまいました。...というわけで応急処置をしました。

 今まで使っていたシマノのロゴ(SHIMANO SIS)が入っていたアウターは、溶けなかった(熱に強い!)のですが...


          「やっぱり、アウター・ワイヤーはシマノに限る。」でした。


DSCF4361

 グリップテープも巻いて、一応 “出来上がり”。防犯登録も済ませました。




冬のジャガイモ

 “二度芋”の話は何度かしたことがありますが...

 房州は暖かいので、秋にジャガイモを植えると、暮れから正月ころ小さいながら芋がとれる(二期作)ことを、地元の人は“二度芋”と呼んでいますが、例年大寒のころには霜にやられて葉が枯れてしまいます。

DSCF4349

 ところが今年は、1月になっても長ネギの横で元気いっぱい!

DSCF4346

 青々と茂っています。とはいえ、丈は短く“新芽”が出た程度なので、芋は小さいと思います。

      来月には“新じゃが”が食べられるかな?(期待薄です。)