FC2ブログ

正の遺産

 台風19号とその後の大雨で、山の水道が止まって半年。ついに「相原水道組合」が解散。廃止が決まりました。
 開通当初は23軒に配水していた山の水道も、最後は4軒。組合員は全員80歳を超え、修理や保守ができないというのが理由でした。

 神流川を渡った水道は、私の(東の)畑の上を通り、大きなコンクリートブロックでワイヤーを支えている根元から地中に潜ります。

P1080176.jpg

P1080155.jpg

 コンクリートブロックの上には、おそらく近くに放置されていたであろう道祖神が並んでいます。

P1080175.jpg

 撤去する費用もなく、このまま放置せざるを得ない状況とのことです。

 町の水道(簡易水道)が通る前には、山の水道の果たした役割は計り知れず、本当に役立っていたと思います。私は、遺産としての価値は十分にあると思います。(私も山の水道がないと実に困ります。)

 原爆ドームやメルトダウンした原発は、負の遺産として重要ですが、地域住民に役立っていたものは“正の遺産”と言えます。

スポンサーサイト



春告げ花

 春告げ鳥(ウグイス)の初鳴きはまだ聞きませんが、安寿庵の周りにも春の気配を感じます。

 庭のしだれ梅は、一輪のみ。

P1080095.jpg

 近所の白梅は、満開!

P1080099.jpg

 山には、まだ春の気配はありません。

P1080125.jpg

 そんな中、やはり今年も福寿草がきれいに咲いていました。

P1080116.jpg

  P1080112.jpg 日向では満開ですが

        P1080129.jpg  日陰は、まだ半開き。


 やはり、福寿草はこれくらいの開き加減が最高です。

P1080132.jpg

     今年の“春告げ花” は、この福寿草でした。




クリスマスローズ 定着

 城の庭に移植してから2年目、きれいに花を咲かせました。

DSCF0979n

 株も小さく、花数も少ないですが、この庭に定着した感があります。

 隣に植えたキエビネにも、期待しています。

鎧戸 塗装

 玄関横の鎧戸(戸袋のようなデザインだが雨戸がない!)の塗装が剥げてボロボロになっています。

DSCF0970n

 ずーっと気になっていたのですが、書斎?をアイボリーに塗ったので、その色で塗り直そうと思って一年以上。先月思い立って、スクレーパでささくれた塗料をはがし、サンドペーパーをかけてから透明のエポキシ塗料を塗りました。

  DSCF0971n ハゲハゲです。
  
  DSCF0974n

 2日で4回ほど重ね塗りをしたら、少しは見られるようになりました。

DSCF0981n

 遠くから見ると、アイボリーというより純白に輝いて見えました。

30年ぶりに

 オーデイオシステムからそれなりの音が出ました。

DSCF0963n

 東京にセットしてから30年以上の間、隣家が接しているので、まともな音量で聞くこともできず半ば冬眠状態でしたが、木乃花 咲夜城に運び込んで、目覚めることができました。

DSCF0965n

 中でも、プリメインアンプ(NEC A10 TypeⅢ は、重量が30kg近くあるので、背負子を使って、やっとのことで運び上げました。

 まだラックの水平が取れていないので、ターンテーブル(LPプレーヤー)は持ってきませんでしたが、CDとMD(それにウォークマン;MP3)は、良い音が出ています。

 でも、次回、中華アンプと聞き比べをすると...その差がわからなかったりして(自分の耳が老化して、オーディオ装置がオーバースペックになってしまったかも)...ちょっとドキドキしています。

 (実は、上に載っている小さい方のスピーカーは、PCのMP3をDACを介して、ハードオフで1000円で買ったSONYのAVアンプで鳴らしているのですが、これも結構いい音がしている、というか違いがよくわからないので...私の耳には中華アンプで十分なのかもしれません。ちなみに小さい方のスピーカーも、ハードオフで2000円で買いました。)