FC2ブログ

#04 SF 修理

2017y08m23d_171813503

 #03 BD(Black Devil,黒い自転車)と比較して、東京に残した#04 SF(Silver Fox,銀の自転車)ですが、以前コメントした通り、走っている時の“ゴツゴツ”感がハンパでなくなってきました。タイヤが1回転するたびに「ゴツン!」と感じるので、試しに空気圧を上げてみたら少しショックが軽減しました。そこで、「タイヤのどこか1ヶ所が出っ張っているのでは?」と思いましたが、見ても触ってもわかりません。
 しばらく放置して(他の自転車に乗って)いましたが、「タイヤとチューブを替えてみよう!」と思い、空気を抜いてみたら...バルブの周りだけゴツゴツして凹みません。
 タイヤを外したら、チューブがバルブの周りでグチャグチャに重なっていました。(働いていた時に目にした腸重積を思い出しました。)「サイズが間違っているチューブを無理やり押し込んだのか?」と思い確認しましたが、20x1 1/8 用でした。
 乗った時は、後ろだけ“ゴツゴツ”を感じていたのですが、前輪も全く同じ状態でした。(前後の荷重が違うから、前の異常に気づかなかった?)

 原因がわかったので、チューブとタイヤを装着しなおして無事解決。「伸びてしまった?」かと思ったチューブもリムに納まりました。これで、しばらく使えます。
 当面、チューブとリムテープを買わなくて済んだので助かりました。で、「儲かった(わけではないのに)!」気分で、ドロップハンドルをゲットしてしまいました。(こうなると、ドロップハンドルに入るブレーキレバーも必要になってきます...泥沼!?)

 前・後輪を外したついでに、“お決まり”の玉磨きと玉押し調整をすることにしました。
 両輪とも“ゴリゴリ”を通り越して、“ゴトゴト”。軽い力では回らないほどでした。開けてみると、後輪は鉄球が8個しか入っていませんでした。しかも、シャフトが抜けず、スプロケット側の玉には手が出せませんでした。仕方がないので、反対側だけ新品の鉄球に替えました。前輪も新品の鉄球を奮発し、グリスアップと玉押し調整を済ませると、両輪とも見違えるほど軽く(静かに)回るようになりました。

 さらに、リア・ディレイラー(変速機)の調整(フリーの位置決めとインデックス調整)をして、試運転したら全く別の自転車に乗っているような感覚でした。

 #03 BD に勝った? #04 SFですが、#06 PP639 という強力なライバルが出現したので、果たしてどちらが生き残るか?楽しみです。

(追伸) 作業中の写真は、夢中で作業していたのに加えて、手がグリスまみれだったので撮れませんでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する