セッティングとフィッティング

 昨日の話の続きになります。

 #04 のブレーキは、こんな感じでピッカピカ!です。

   DSCF4104     DSCF4099

 しかし、現状は...

DSCF4097

 ディレイラーとブレーキのセッティングを済ませた後、ドロップハンドルを上下逆さまに付けた状態で、1ヶ月近くフィッティングを繰り返していました。

 俗にいう“なんちゃってブルホーン化”をしたいのですが、“しっくりする”ポジションが決まるまでは切断することができませんでした。
 サドルとシートポストも、#08(CB24W)からの借り物です。 DSCF4110

   DSCF4117    DSCF4111

     なんとも不恰好なスタイルです。

 じっくり煮詰めて...という気持ちにも限界を感じて、
      ついに切断を決断しました。 DSCF4124

 DSCF4131

                                すっきりしました!

   DSCF4137  DSCF4139 ブレーキレバーは、テクトロのR200 です。
   (グリップカバーのゴムが劣化してベトベトになっていたので、格安でゲットできました。)

 シートポストは #08 からいただいて(#08 には#05 のポストを装着予定です)、
   DSCF4149  サドルは元に戻しました。

 ハンドルの切断で102g、サドルで24gの軽量化ができましたが、僅か130g足らずの軽量化に実感はありませんでした。

 そして、ここからが本番。ブレーキレバーの位置調整をして、一応フィッティングが終了しました。

DSCF4163

 何の変化もないようですが、ハンドルとブレーキレバーの間隔がかなり狭くなりました。(手が小さいので、これくらいでないと迅速かつデリケートなブレーキングができません。)

DSCF4153

      後から見る姿もすっきりして大満足!

 しばらく乗ってみて、「これで良し!」となったところで、ワイヤーを交換し、バーテープを巻くつもりです。


      セッティングよりフィッティングに時間がかかることを痛感しています。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する